パーマカルチャーデザインコース

「パーマカルチャーデザインコース-コミュニティを通して地域社会をつくる」@愛知県岡崎市11月18,19,20日

自分の暮らす地域社会が、持続可能な取り組みや、自由で民主的な市民の活動に公的な資金・税金を使い、また自分の属する企業が投資・委託する先が環境や地域社会をより良くしていることは、とても健全で、多くの人がそうであったらいいなと感じることであると思います。

パーマカルチャーはデザイン思考の体系といわれ、真っ白な紙にデザインを描くと思われがちですが、今ある社会、今あるコミュニティにおける、見いだされていない地域資源に、いかしあう繋がりを作るときにもパーマカルチャーが役に立てることがあります。つまり、パーマカルチャーの原則や目指す社会というものが、新たな時代・新たな文脈の中で、リノベーション、レトロフィットを行う時の指針になるものなのです。

今回の会場であり、コースのパートナーの拠点となる岡崎では、市民活動でパーマカルチャーのアクションを地域で行っている人たちや、企業が循環型のパーマカルチャーガーデンを通じて自然と共生する働き方暮らし方を発信している場、また持続可能な社会をつくるアクションとして市民が地域の多様な人と協働しながら場づくりのデザインを行っている場を訪れます。

今回のコースのパートナーは、パーマカルチャーガーデンがある、「Camping Office osoto」という拠点とその運営企業であるスノーピークビジネスソリューションズの方々、またその場所のデザインに携わり、「スコシズツ.マーケット」「愛知アーバンパーマカルチャー」の発起人をしているパーマカルチャーデザイナーとの共同企画です。

こんな人に届いてほしい

  • 地域で活動しているが、コンセプトや人とのつながり方をパーマカルチャーの視点でブラッシュアップしたい。
  • パーマカルチャーデザインコースを、国内、海外で受けたがその後のアクションに結びついていない。
  • 専業農家、もしくは半農半X的な暮らしをしているが、より具体的なアクションに結び付けたい。
  • 自分のまちでパーマカルチャーの場づくりがしたい
  • 自然とつながる働き方や、オフィスのパーマカルチャー菜園に興味がある
  • ゼロウェイスト・サステナブルなマーケットをはじめたい

大切にしたいこと

○心から対話のできる場、対話でお互いを受け入れられる場
○みんながみんなの先生でいられる学びのコミュニティ
○みんなが自分事、自分を主語にして話す場
○日常から少し離れ、いつもより穏やかで平和な時間を過ごせる場
○自分が望んでいないこと難しいことは難しいと言える、お互いに認め合える場
○楽しさ!メンバー同士やローカルとのあたたかなつながり

スコシズツ.マーケット

スケジュール【11月18日、金曜日】

10時      集合、チェックイン@osoto

11時      プログラム1-地域社会でパーマカルチャーを実践することとは

12時      昼食、お弁当

13時      プログラム2-Osotoガーデンツアー

14時      プログラム3-スコシズツ.マーケットについて

15時      ワークショップ

16時      チェックアウト、解散

【11月19日、土曜日】

9時        集合、チェックイン、

9時30 プログラム1-地域の企業とパーマカルチャー

10時      プログラム2-街歩きツアー前半

12時      昼食

13時      プログラム3-街歩きツアー後半

14時      プログラム4-地域のNPOとパーマカルチャー

15時      ワークショップ

17時      ポトラック焚き火パーティ@osoto(参加任意)

【11月20日、日曜日】

8時半    集合

9時        パーマカルチャーガーデン「たねつなぐ庭」の案内

10時      クロージングのワークショップ、チェックアウト

11時      解散

13時      希望者向けオプショナルプログラム

15時  解散

事前ZOOM会11月14日19:30

振り返りZOOM会11月28日

○希望者向けオプショナルプログラム【要別途申し込み】

≪11月20日 13:00-15:00

『種からつなぐコミュニティ』

「今のコミュニティで、パーマカルチャーの価値観を広げるのに何から始めたらいいのか」、「地域社会で実践する仲間とつながるにはどうしたいいかわからない」という人たちにおすすめなのが、「種からつながりを作りはじめること」です。

種の交換会の開催方法、種の魅力、種をつなぐことの豊かさ、また種がローカルコミュニティにどんな広がりを生むのか、についてお伝えします。

当日は実際に種採りや種交換をしながら、講師自身の経験から種とコミュニティのつなぎ方を考える場にします。固定種の種のお土産つき。

種の交換会の様子

講師プロフィール:

榊 笙子(さかきしょうこ) パーマカルチャーデザイナー(Permaculture Design Lab) スコシズツ.プロジェクト共同代表 たねとみつばち 土と太陽 主宰、愛知アーバンパーマカルチャー発起人 東京 下町生まれ。2019年鎌倉より愛知県岡崎市へ移住。 まちなかでのコミュニティ菜園や、固定種・在来種の種をつなぐ種のシェアリング、 アーバンパーマカルチャーコミュニティづくり、自然や地域のつながりのなかでこどもたちの生きる力を育む青空自主保育・自然育児の会を仲間とともに主宰。 人と自然が循環のなかで共に生き、豊かにいかしあう、持続可能な暮らし方のデザイン「パーマカルチャー」 の考え方をベースにした場づくりや、大人・こども向けワークショップをしています。

料金

一人3万円(宿泊、食事別)

希望者向けオプショナルプログラム4500円(昼食込み・固定種の種のお土産つき)

持ち物

汚れてもいい格好、ノート、筆記用具、参加希望者はポットラックの食べ物(現地で調達することもできます。冷蔵庫などはないので、腐らないものなどにしてください。)

周辺案内他

スコシズツ.マーケットはコース開催前の2022年10月30日(日)にも開催されます。ご都合のつく方は、ぜひご参加ください。

スコシズツ.プロジェクトWEBはこちら

インスタグラムはこちら

遠方からお越しの方の宿泊は、近隣のゲストハウスや、ビジネスホテルなどにご宿泊ください。

マイクロホテルアングル

オーワホテル

仮申込み先

takasi.matu@gmail.comに、お名前と参加人数、仮申し込みの旨、お伝えください。返信のメールに記入フォームをお送りしますので、返信にて、本申し込みとなります。お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。